結婚式当日~挙式前。

スポンサーリンク

写真の整理がまだまだですが、少しずつ結婚式当日のレポを書いていきたいと思います♪

結婚式の前日からは実家に帰っていました☆

実家に泊まるのは、同棲してから初めてです!

といっても、特にたいした事はせず、明日のお車代の準備とか、母親の着物の準備とかであわただしく時間はすぐに過ぎて行きました。

ゆっくりとお風呂に入りつつ、明日結婚式かぁ~と思いにふけりました(*^^*)

自分の結婚式が明日本当にあるなんて…。

散々準備してたくせに、すごく不思議な感じでした。

お風呂から出た後に、最後に残していた「両親への手紙」を書きました。

1000字って結構長いし、そんなに書けるかな?と思ってたけど、考えながら書いてたら普通に1000字超えちゃいました(^▽^;)

夜中になっちゃったので読む練習もできず、ぶっつけ本番で読む事に☆

当日は、ゆっくり寝ていようって思ったのに、結局早く起きちゃいました。

天気は心配してたけど、見事に晴天( *´艸`)

夜は曇りって書いてあったけど、何とか雨は降らなそう…かな!?

花嫁さんは化粧もヘアセットもしなくていいので、朝の支度はかなり楽です(笑)

イオンスチーマーを顔にあてて、後はのんびり…と思いきや、全く落ち着かない(>_<)

家中をウロウロてた気がします(笑)

同じく、うちの父親もウロウロウロウロ…

階段を登ったり降りたりしてました(^▽^;)

親戚の方が家に来て、私達は11時過ぎにおにぎりを食べました。

そしていざ出発…!!!

式場までの行き道は十分知ってるはずなのに、いきなり違う方向へ向かおうとする父(^^;)

「違~う!!」と突っ込みつつ進んでいくと、その後も何度も道を間違える父…(+_+)

同様しすぎです(笑)

迷いつつ行ったのに、式場には一時間近く前に着いちゃいました(^▽^;)

ロビーで時間を待ってる間に、どんどんと緊張は増すばかり…。

そんな中、彼と彼の家族も到着♪

挨拶をしていると、大阪から来てくれた友達と遭遇!

久々だったので、受付前でかなり盛り上がっちゃいました(*^_^*)

そうこうしてる内に時間が来て、まずは母親達、そして新郎新婦が控え室に…☆

しかし…着いてから気付いた事が………。

ヘアメイクさん達に渡す「御礼」を母親が持ったままだった(>_<)

かなり焦ったけど、どうしようも出来ず…。。。

さりげなく(?)ヘアメイクさんに行って、
「後で両親に会いたいので、ここに来てと伝えてほしい」
伝言してもらいました。

あたふたしつつも、まずはお着替え。

新郎も一緒の部屋だったので、ブライダル下着にストッキングという微妙な格好が恥ずかしく、着替えてる間はトイレに閉じ込めておきました(笑)

その上からワンピースみたいな服を着せてもらい、着替えはとりあえずOK!

トイレを叩いて合図を送ったんだけど、何の反応もなく…。

耳を澄ますと、中でテレビを見ているっぽい。。。
(ホテルの一室が控え室になってたので、広いバストイレにテレビがついてたんです)

しばらく用もないだろうし、ほっとくことにしましたw

ヘアメイクの方に、
「トイレでテレビ見て待ってる人、初めてみました…」
と歴史の長い式場で言われるハメになってしまいましたが(笑)

そしてヘアメイク開始。

要望を聞きつつやってくれて、すごくキレイにしてもらいました(*^_^*)

一度下のアイラインも書いてもらったけど、たれ目がより強調されてオカしかったので、消してもらいました(^^;)

髪はやってみたかった、夜会巻きに♪

やってもらってる途中、介添人の方が挨拶に来てくれたので、トイレに閉じこもってる彼を呼んでもらう事に。

ヘアメイクが終わった後、まだ時間があったので彼が着替えをし、しばらく待っていました。

その間に両親到着☆

しかし両親は慌てているのが直らず、カバンの中に入れた御礼の封筒の金額が分からないようで、入口で
「これいくら?○円?○円は?見えない、見えないんだけど…!」
と怪しすぎる密談を長時間やってました。。。

途中「とりあえず中に入ったら?」
と止めるも、探すの必死で人の声が耳に入ってない(+_+)

散々探した後にようやく渡して、ひとまず家族だけになる事に。

やっと落ち着く…かと思いきや、父・母・彼がそれぞれ自分の格好を気にして次々私に聞いてくるしっ↓↓

私が
「私、どう?変かな?」
と聞くと、
「ん~そんなもんじゃない?」
とどうでもよさそうな回答(^▽^;)

ちょっとくらい、新婦をかまってくれ~~~!!

もう全員が全員、余裕が全くない状態(笑)

途中カメラマンが2回ほど来てくれたけど、私はまだドレスを着ておらず退室。。。

やっとドレスを着たあとに、父親とバージンロードの歩き方のレッスン。

一通り教えてもらうも、頭に全く入らず父親に任せることに。。。

突然父親が、
「近いのキスの時、殴ってもいい?」
と冗談なのか本気なのかよく分からない事を言い出して、困る彼…w

パニックな人を見すぎて、段々落ち着いてくる私…w

ゴチャゴチャしてる間に、ようやく挙式の時間となりました。

続きは次の日記へ☆

タイトルとURLをコピーしました