【映画】太平洋の奇跡~フォックスと呼ばれた男~

スポンサーリンク

太平洋の奇跡~フォックスと呼ばれた男~見てきました(*^▽^*)

あらすじ:
1944年、太平洋戦争末期。
サイパンに、アメリカ軍から“フォックス”と呼ばれ、恐れられた一人の日本人、大場栄大尉(竹野内豊)がいた。
大場は47人になりながらも仲間の兵士たちと共に16か月間敵に立ち向かい、多くの民間人を守ってきた。
やがて彼の誇り高き魂は日本人だけでなく、アメリカ人の心も動かしていく。

実在する方の物語ということで、かなり人間味のある戦争映画だと思いました。

戦争映画って言うとどうしても戦闘シーンがすごかったり感動的な状況があったりするけど、これはほんとリアルなんだなぁって思いました。

当時の日本人の考え方とかがすごく感じる事ができました。
戦争映画だと思うと物足りない人もいるのかも。
どちらかというと、「戦争の終わらせ方」に重点を置いていたと思います。

数十年前の日本人はこんな考え方だったのか…って思うと怖いですよね。

今の時代に産まれてよかった。。。。。

タイトルとURLをコピーしました