浜岡原子力館へ。

スポンサーリンク

『こんな時期なのに』なのか『こんな時期だからこそ』なのか…。

テレビで色々報道はされていますが、実際に見てより理解したい…と思い、
浜岡原子力館 へ行ってきました。

原子力発電所に隣接している展示館なんですが、かなり大きな施設です。

「もしかして恐れられて誰もいなかったりして…」
と思っていたんだけど、私達と同じ様な事を考えてる人が多いのか、かなり大勢いました!!

中には原子力の説明や、クイズなんかがあって、子供でも遊びながら勉強できるようになっています。

それらを抜けると、原寸大の原子力の模型が置いてあります。

よくテレビで説明されてる絵のやつですね。

かなり大きいです!!!

時々動いて説明をしてくれます。
下から出ているのが「制御棒」で、これを上まで刺して止めるそうです。

これだけで止まるってすごいですよね。

こちらが原子力の模型です。

ん~やっぱり大きい。

そして原寸大の原子力の模型の横に、原子力発電所の鉄筋コンクリートの展示がありました。

説明にも書いてありますが、2メートルもあるそうです!!

これだけ頑丈に出来てるなら心強いですよね(*^-^*)

福島原発の作りがどんな感じなのかは分からないけどさ。。。

これが吹き飛んでたらのなら、確かにどうしようもない。。。。。

こちらは防御服の展示です☆

これはマネキンなんですが、写真を撮って顔部分に映るようになってます☆

それから、身体についた放射能を測れる装置もありました♪

旦那さんも私もやったけど、二人共異常なしでした☆

(多分誰でも「異常なし」と出る仕組みになってると思いますが…)

一通り見た後、展望台に上りました。

これが原子力発電所です。

何も考えずに見ると、海と緑で平和な風景なんですけどね…。

ここに津浪がやってくるかもしれない…。

あれだけテレビで散々津浪の映像を見たのに、実際に風景を見ながら津浪を想像しようとしても、全然想像が出来ないですね。。。

原子力館は前にも行った事があるけど、見学する時の真剣度が全く違いました。

うちは原発から離れてるといっても、車で普通に行ける距離です。

実際地震が起こった時にどうなるのか…。
専門家でも何でもない私ら庶民にしたら、それは全く分かりません。

最悪の事態もないことはないだろうし、全く被害がない可能性だってないことはない。

地震なんてずっと起こらなければいいですよね。

タイトルとURLをコピーしました